総量規制対象外の銀行のカードローンは借りやすいのか?

銀行のカードローンは総量規制対象外ですので、年収の3分の1以上の借入が可能となります。金利も低めに優遇されて非常に人気があります。一部の銀行では自らの収入がない専業主婦や主夫の方でも、申し込み範囲を広げていることから借りやすい印象が強いでしょう。

しかし、総量規制対象外のため、限度額が高めに設定できる、また、貸金業と比べて低金利のため貸付には慎重な一面があります。パートやアルバイト、派遣社員のような非正規雇用者の方や、経営や収入に安定性を欠く自営業者フリーランスの方には評価が厳しく、借りやすいというイメージからほど遠いです。

非正規雇用の方でも借入可能とか借りやすいと説明書きが記載されていても、年収額が100万円前後の場合は、申し込み書類から判断され、信用情報を見るまでもなく審査落ちすることがありますし、職歴が1年に満たない場合も、安定していないという理由で認められないこともあります。会社に属していない方の場合は、規定の希望借入額の範囲でも、確定申告書や課税証明書の提出を求められ、収入を確認されるケースもあります。消費者金融が保証会社の場合は、総量規制対象外の銀行カードローンでも、審査基準が消費者金融の水準なので借りやすいというネット書き込みがありますが、あくまでも銀行の基準で判断されますので、鵜呑みにしないように気をつけてください。

一方では、収入が低かったり、職歴が短かったりしても、収入や返済能力に見合った金額であれば積極的に貸付をするという姿勢を見せる銀行もあります。総量規制対象外で借りやすいカードローンを探すには、簡易診断ができる所を選ぶといいでしょう。事前にサイトから借入診断を受けて、借入可能と表示が出れば審査に通る可能性があります。確実に通るわけではありませんが、本審査を受ける前の目安になるでしょう。