CPUの選び方と性能

CPUは人間でいう脳です。その脳であるCPUについて解説をしています。CPUと言っても種類が沢山あり、初めてパソコンを組む人にはどれを選べばよいのかわからないと思います。ここではインテルのi3,i5,i7と語尾についているアルファベットについて解説をしています。

CPU選びで困ったら

CPUはパソコンの要です。

人間でいうと脳ですね。CPUといっても沢山種類がありますよね。そこでインテルのi3,i5,i7の選び方と語尾についているアルファベットの意味に説明します。

i3は普通にパソコンを使う分には問題無いと思います。ですがi3で高画質で動画を見たり、負荷がかかるようなゲームをする場合は性能上カクつく事があります。

i5はオンラインゲームや簡単なゲーム、動画編集などあまり負荷のかからないような事しかやらない場合はi5で十分活躍してくれます。

i7は最新のゲームやHD,2k,4kなどの高画質で動画を見たり、映画を鑑賞したい人向けです。i3,i5,i7の中でもまた種類や用途によって別れます。

語尾にアルファベットが何もついていっていないのが通常のCPUで語尾にX,K,C,S,T,P,Rが付いているCPUが通常版と違って使用用途と性能が違います。

XからCまでがオーバークロック可能なモデルになります。オーバークロックとは決められたクロック数以上で動作させることで通常時より高い処理能力得ることが出来ます。

SとTは省電力モデルです。その代わり性能が少し劣ります。Pは内蔵グラフィックボードが搭載されていません。

RはCPU単体での販売ではなくてマザーボードとセットになっています。

冒頭で書いたように最新のゲームがしたい、高画質で動画見たいと思っている人は語尾がX,K,Cを選びましょう。性能が良いほど消費電力も上がっていきます。消費電力を抑えたい人はSやTの語尾がついたCPUを選びましょう。

CPU(i3,i5,i7)の性能

i3は低価格でi5やi7に比べると低性能です。日常で使ったり、ネットサーフィンをしたりする場合はi3で十分活躍してくれます。

i5はi7まで性能は要らないけど、ある程度の性能は欲しいという方向けだと思います。動画を見たり普通にゲームをするくらいでさればi5で十分でしょう。i7の代わりにi5を買ってその浮いたお金で他のパーツをグレードの高いものにしたりする人もいます。そうして性能の底上げをはかったりします。

i7は高性能で最新のゲームや動画編集、高画質で映画の鑑賞など負荷がかかるようなゲームや作業を行う場合は絶対i7ですね。i3,i5に比べて処理速度が全然違います。

私の経験上i5とi7ではかなり性能の違いがあると思います。

世代別でソケットの形状が違う

世代によってソケットの形状が違い、現在は第1世代から第8世代まであります。

第1世代がLGA1136,LGA1156、第2世代から第3世代がLGA1155、第4世代から第5世代がLGA1150、第6世代から第8世代までがLGA1151となっています。

第6世代から第8世代までが同じソケットですが同じだからと言って付けれるわけではありません。ソケットが同じでも世代が違うため、決められたチップセットじゃないとマザーボードにCPUをつけることが出来ません。