グラフィックボードとは

グラフィックボードはどんな役割をしているのかを説明しています。初めてパソコンを組む上で私もどれを選べばいいのか迷ったのがグラフィックボードです。ここではグラフィックボードの主な機能と性能を紹介しています。最後にハイエンドからローエンドまでを性能別にどのようなシーンで使うのか紹介していますので参考にしてみてくだい。

グラフィックボードの主な機能

グラフィックボードは主に最新のゲームや動画編集、HDや2k,4kでの高画質の動画鑑賞、3Dソフトを使ったレンダリングなどを行う場合にもっとも重要なパーツです。

描画処理が飛躍的に向上します。

グラフィックボードの必要性ですがグラフィックボードをつけると映像が綺麗になります。そして最新のゲームや動画編集、CADなどの3Dソフトを使う場合に快適になります。3Dソフトのレンダリングが早くなったり、ゲームの場合FPS(フレームレート)に関係してきます。

仕事でCADや動画編集を行う場合は必ず必要になってきます。

私がグラフィックボードをつけて実感したのが4k動画の鑑賞です。グラフィックボードをつける前は映像がカクついてまともに見れませんでした。ですがグラフィックボードをつけると動画が滑らかに再生されてより綺麗な映像を楽しむことが出来ました。

どのような役割をするのか紹介したところで私はグラフィックボードと読んでいますがいくつか呼び方があります。

私のようにグラフィックボードと呼んだり、グラフィックカード、グラフィックスボード、グラフィックスカード、グラボ、ビデオボード、ビデオカード、ビデオアダプター、VGA、GPUとこれだけ種類があります。名前は違いますがすべて同じグラフィックボードのことを言っています。

性能はスコアでわかる

グラフィックボードの性能はスコアと呼ばれる数値で表されます。

基本スコアが高いグラフィックボードは性能が良いと思っていいです。大体1万以上スコアが出てるグラフィックボードが高性能と言えます。

しかし自作パソコンを初めて組む人からすればスコアを見ただけでは性能は良いのかコストパフォーマンスはどうなのかがわかりませんよね。

パソコンを組む上でもバランスも考えなくてはいけません。高性能だと値段も高くて消費電力も高くなります。高性能になると別途にグラフィックボードに電源を供給しないといけません。

電源不足になると急にパソコンの電源が落ちたり、再起動をしたりします。このようなことが起こると故障の原因になるので選ぶ際は気をつけましょう。

どのグラフィックボードがおすすめか

最新のゲームや動画編集、HDや2k,4kでの高画質の動画鑑賞、3Dソフトを使ったレンダリングをやる人はハイエンドを選びましょう。

軽いゲームをやる場合や動画の視聴を快適にしたい人はミドルクラスの中から選ぶとコストを抑えることが出来ると思います。

そこまで性能を求めないサブパソコンなど組み立てる場合にはローエンドクラスで十分だと私は思います。

ちなみに私はあまり最新のゲームをやらないのでミドルクラスのグラフィックボードを選んで価格を抑え、マザーボードとかCPUを少し良いパーツにしています。