電源の正しい選び方

電源は各パーツに電力を供給するためのパーツです。ここでは電力不足によるパソコンの故障を防ぐために正しい電源の選び方や電力が全体的に足りているのかを調べるための計算方法を紹介したいと思います。電源について調べていくうちに80PULS認証という言葉を見たことあると思います。こちらも詳しく説明します。

パソコンを壊さないための電源の選び方

電源は人間でいう心臓です。

電源は各パーツに安定した電源供給を行うためのパーツになります。人間が血液がないと生きれないようにパソコンも電源がないと使えません。

電源にはワット数があり数百ワットから1000ワット以上の電源もあります。

パソコンの中でもっとも消費電力が多いのがCPUとグラフィックボードです。半分以上のワット数がこの2つによって消費されます。

高性能になるにつれて消費電力が上がっていきます。電源が小さいと他のパーツにうまく電源供給が出来ずにパソコンが突然落ちたり再起動したりします。電源が壊れると他のパーツも巻き込んで壊れる可能性があるため慎重に選ぶ必要があります。

このようなことが起こらないようにある程度余裕もったワット数にしなければなりません。大体のパソコンだと500Wさえあれば事足ります。

しかしゲーミングパソコンになると先程も言ったように高性能のCPUとグラフィックボードのワット数が大きいため500Wでは足りません。

そこで私がおすすめなのは700W台の電源です。その理由にコストパフォーマンスの良さです。価格も1万円台で買えます。

これが1000Wだと2万円を越えてしまします。高性能なパソコンを組む場合は良いですが比較的安くしようと思うと1万円の差は大きいです。

自分のパソコンは何ワットの電源が必要なのか

パソコンを組む上で悩むのは電源だと思います。

私もどのワット数の電源を買えばいいのか迷いました。正しいワット数の電源を選ぶための計算方法があります。

計算をするにはまず各パーツごとの消費電力を調べます。例えばCPU:インテルcore i7-7700 65W×搭載数(1)、マザーボードH270チップセット:50W×搭載数(1)、メインメモリー8GB:5W×搭載数(2)、ストレージ:HDD 1TB 25W×搭載数(1)、SSD 250GB 15W×搭載数(1)、光学ドライブ:25W×搭載数(1)、グラフィックボード:GTX1070 150W×搭載数(1)でパソコンを組むとします。

すべて足すとパソコン全体の消費電力がでてきます。これを計算するとパソコンの最大消費電力が372.5Wです。最大消費電力が出たら0.7で割ります。すると最適な総出力ワット数が532Wになります。なので大体600Wの電源があれば大丈夫なことになります。

80PLUS認証って何?

電源はどれがいいのか調べていくうちに80PLUS認証という名前を見たことがあると思います。

この80PLUS認証は省エネルギーであり、電源変換効率が80%以上の電源につきます。

80PLUSにもランクがあって80PLUSスタンダード、80PLUSブロンド、80PLUSシルバー、80PLUSゴールド、80PLUSプラチナ、80PLUSチタンと6種類あります。

スタンダードが一番下のランクでランクが上がってくと電源変換効率が高くなります。なのでランクが高いと電源の性能が良い高品質な電源だということです。